よくあるお問い合わせ

質問
DNSのルートゾーンにおいて電子署名鍵の更新(KSKロールオーバー)の対応について
お問い合わせ分類
設定・マニュアル・トラブル
対象のサービス
ZOOT NEXT for フレッツ光
ZOOT NEXT for フレッツADSL
ZOOT NEXT for フレッツISDN

答え

2017年7月18日、内閣官房内閣サイバーセキュリティセンター(NISC)より、
DNSのルートゾーンにおいて電子署名鍵の更新(KSKロールオーバー)に関する
注意喚起が発表されました。

 >NISCの注意喚起

弊社が提供しているDNSサーバーは、DNSSECの検証機能を提供していないため
以下①の対応は不要で、②の対応は完了しています。

 ①鍵の更改に追従する
 ②鍵の移行期間のデータ量に増大に対応する

以上より、弊社が提供しているDNSサーバー、およびお客さまがご利用中のサービスには
影響はございませんのでご安心ください。
ご不明な点がございましたら、弊社までお問い合わせください。

(参考情報)
◯JPRSの注意喚起
 ルートゾーンKSKロールオーバーによる影響とその確認方法について 

◯JPNICの注意喚起
 三分でわかるKSKロールオーバー(KSKの更新)



 

この回答は役に立ちましたか?評価をお願いします。

メンバーIDまたはメールアドレス:
パスワード: