よくあるお問い合わせ

質問
MOOTオプションについて [ BINDの設定例(Windows) ] ■ZOOTサービス全般■
お問い合わせ分類
設定・マニュアル・トラブル
各種手続き・サービス内容
対象のサービス
ZOOT NEXT for フレッツ光
ZOOT NEXT for フレッツADSL
ZOOT NEXT for フレッツISDN

答え

>>うまく動作できない時の確認事項|>>設定例(Unix)はこちら

Windows系OS(WindowsNT、2000、XPなど)でBIND8.xまたはBIND9.xでDNSサーバを構築する設定例を紹介します。

■ネットワーク環境
 ドメイン名  example.com
 プライマリDNSサーバ(お客さま側)  ns.example.com(192.0.2.234) <-- MOOTで登録したホストとIPアドレス
 セカンダリDNSサーバ(インターリンク)  tegtan1.interlink.or.jp(203.141.128.33)
 利用IPアドレス  192.0.2.234
 メールサーバ  mail.example.com(192.0.2.234)
 ウェブサーバ  www.example.com (192.0.2.234)
 
お客さまの利用環境に合わせ読み替えてください。
※ルータなどをご利用されている方はDNSで使用するポート53番に対してフォワーディング(転送)を行なってください。
(TCP/UDP共に設定を行なってください)
【フォワーディングとは?】
ルータに固定IPアドレスが付与され、そのIPに対する要求(80番・53番など)をLAN内のマシンに受け渡す設定です。
ルーターの機種により、「静的NAT変換」「IPマスカレード」などの名称で表現されている場合がありますので、必ず付属のマニュアルをお読みください。

■BINDのインストール

以下のサイトからNT/2000/XP用のzipファイルをダウンロードしてください。

 ・ http://www.isc.org/ (ISC)
   
1 ダウンロードしたzipファイルを解凍します。
2 解凍したフォルダ内にある「BINDInstall.exe」を起動します。
 
3 「Install」ボタンを押します。
 
4 「BIND Install Completed Successfully」というメッセージが表示されれば完了です。
5 各ファイルの設定を行ないます。
   
 

■各ファイルの設定
 namedの基幹となる設定ファイル
 ・ named.conf (C:\winnt\system32\dns\etc\named.conf)
   
  #
#  /etc/named.conf
#

options {
directory "C:\winnt\system32\dns\etc";
allow-transfer {
192.0.2.234; #→お客さまの固定IPアドレス
203.141.128.33;  #→インターリンクのセカンダリDNS
};
};

#ルートキャッシュファイル
zone "." {
type hint;
file "named.root";
};

#正引き設定ファイル
zone "example.com" {
type master;
file "example.com.zone";
};

#ローカルの逆引き
zone "0.0.127.in-addr.arpa" {
type master;
file "0.0.127.in-addr.arpa.zone";
};

   
 
directory = 各設定ファイルを設置する場所を指定
allow-transfer = ZONE転送を許可するホストを指定します
正引き設定ファイル
・ example.com.zone (C:\winnt\system32\dns\etc\example.com.zone)
   
  $TTL 86400
@       IN    SOA   ns.example.com. root.example.com. (
23455432    ; Serial
10800     ; Refresh after 3 hours
3600      ; Retry after 1 hours
604800     ; Expire after 1 week
86400      ; Minimum TTL of 1 day
)
;
IN  NS ns.example.com.
IN  NS tegtan1.interlink.or.jp.
;
IN  A 192.0.2.234
IN  MX 10 mail.example.com.
;
localhost   IN  A 127.0.0.1
;
ns       IN  A 192.0.2.234
www       IN  CNAME ns.example.com.
mail      IN  CNAME ns.example.com.
   
 
ローカルの逆引きファイル
・ 0.0.127.in-addr.arpa.zone (C:\winnt\system32\dns\etc¥0.0.127.in-addr.arpa.zone)
   
  $TTL 86400
@       IN  SOA ns.example.com. root.example.com. (
1020310201 ; Serial
10800 ; Refresh after 3 hours
3600 ; Retry after 1 hours
604800 ; Expire after 1 week
86400 ; Minimum TTL of 1 day
)
;
IN  NS ns.example.com.
;
1       IN  PTR localhost.
   

■その他のファイルの設定
・ resolv.conf(C:\winnt\system32\drivers\etc\resolv.conf )
   
  ; ドメイン
domain example.com
; プライマリDNSのIPアドレス
nameserver 192.0.2.234
; 弊社DNSのIPアドレス
nameserver 203.141.128.33
   

■DNSサービスの起動
マイコンピューターを右クリック→管理(G)を選択→サービスとアプリケーション→サービスと選択→ISC BINDを開始してしてください
・設定変更などを行なった際は、シリアル番号をあげてBINDを再起動してください(Windowsを再起動した際は同時にBINDも再起動されます)
・起動時にエラー:1067と表示される場合は、サービスパックが最新のものになっているか、 named.confおよび***.zone作成の際に、で正しく作成しているかご確認ください。

■設定確認
digやnslookupで正引きが問題なく出来ているか確認しましょう。
   
  C:\>nslookup www.example.com
Server: tegtan1.interlink.or.jp
Address: 203.141.128.33

Name: www.example.com
Address: 192.0.2.234
   

 

この回答は役に立ちましたか?評価をお願いします。

メンバーIDまたはメールアドレス:
パスワード: