よくあるお問い合わせ

質問
「ドコモ光」におけるインターリンクの対応について
お問い合わせ分類
料金・お支払方法
各種手続き・サービス内容
対象のサービス
ZOOT NEXT for フレッツ光
ZOOT for フレッツ光

答え

ドコモ光の料金プランは、大別すると「プロバイダ料金込みプラン(タイプA/B)」と「プロバイダ料金別プラン(単独タイプ)」の2つが用意されています。

両方プランとも、ドコモ携帯電話とフレッツ回線とのセット割りとなる「ドコモ光パック」を利用できます。

弊社は「プロバイダ料金別プラン(単独タイプ)」に対応しております。

プロバイダ料金込み タイプA インターネット接続サービスが他社(※)
タイプB インターネット接続サービスが他社(※)
プロバイダ料金別 単独タイプ 対応

(※)プロバイダ料金込みプラン(タイプA/B)でも、標準プロバイダは他社ですが、2セッション(マルチセッション)目として、インターリンクのインターネット接続サービスの利用も可能です(下図参照)。




ドコモ光の料金プランやお申し込みは下記をご覧ください。

>>ドコモ光の料金プラン

>>ドコモ光のお問い合わせ

>>ドコモ光のお申し込み

参考
各社が競っている料金サービスの提供価格は、2年単位の定期契約(自動更新)となります。
通常契約(定期契約なし)の場合は、割引料金より1000円~1500円高くなります。

ドコモ  「ドコモ光」  
NTT東日本 「2年割」 
NTT西日本 「どーんと割」 

NTT東日本/NTT西日本の料金サービスから「ドコモ光」へ転用の場合、期間拘束中であっても解約金は発生しません。
なお、転用後に再びNTT東日本/NTT西日本の料金サービスに戻す場合は、「ドコモ光」の解約金と新たにNTT東日本/NTT西日本のフレッツ回線工事費用がかかります。

関連するFAQ
ドコモ光に関するよくある質問
インターリンク自社の光コラボレーションモデルの対応について



 

この回答は役に立ちましたか?評価をお願いします。

メンバーIDまたはメールアドレス:
パスワード: