よくあるお問い合わせ

質問
Webアプリケーションファイアウォール(WAF)の設定
お問い合わせ分類
マニュアル・設定
対象のサービス
レンタルサーバー1000・2000

答え

このマニュアルでは、Webアプリケーションファイアウォール(WAF)についてご案内しています。

前提条件

・シグネチャ検査・セッション管理などの検査を実施しており、攻撃にあたると判断したアクセスを遮断いたします。
・遮断した接続を自動で復旧させることはできません。
・ウイルスは検知できません。
・監視対象となるプロトコルは、HTTPとHTTPS(共有SSL、SNI SSLが対象。ただしCookieの引き継ぎは不可)です。独自SSLを設定したドメインへのHTTPSリクエストについては対象外となります。
・海外等、特定するアクセスのみを遮断することはできません。
・WAF機能を 「利用する」 に設定したドメインは、ドメイン設定で削除できません。ドメインを削除する場合、「利用しない」に変更してから削除してください。
・本機能を有効にすることにより、ソフトウェアの動作やインストールに影響が出る場合があります。
・mod_rewriteを利用すると挙動が変わる恐れがあります。
・WAF機能を利用の際は、mod_deflateを利用することができません。
・CGI、PHPプログラムの動作に影響が出る恐れがあります。
・CGI、PHPプログラムのインストール時に影響が出る恐れがあるため、その場合はインストール前にWAFを無効にしてください。

設定手順

1. 「サーバコントロールパネル」にログインします。

ドメイン名 初期ドメイン または 追加されたドメイン
パスワード サーバパスワード
紛失・ご不明の場合は 「サーバパスワードの再発行」をご確認ください。

2.セキュリティから『WAF設定ドメイン』をクリックします。


3.サーバに設定されているドメインが表示されます。WAFを設定したドメインの『設定』をクリックします。


4.WAF設定変更が表示されます。利用する場合は『利用する』にチェックをいれ、『保存する』をクリックします。

 

この回答は役に立ちましたか?評価をお願いします。

メンバーIDまたはメールアドレス:
パスワード: