よくあるお問い合わせ

質問
IP2・IP4設定マニュアル(ソフトウェアルーター Vyatta 6.3)■ZOOT/ZOOT NEXT■
お問い合わせ分類
設定・マニュアル・トラブル
対象のサービス
ZOOT NEXT for フレッツ光
ZOOT NEXT for フレッツADSL
ZOOT NEXT for フレッツISDN

答え

ソフトウェアルーターVyatta(ヴィヤッタ)を利用したIP2とIP4の設定方法を説明します。

Vyattaのインストール方法は、下記を参考にしてください。
>>パソコンを業務用途にも耐えうる高性能ブロードバンドルータにしてしまう「Vyatta」(Gigazine)

その他のマニュアル
動的IPアドレスまたは固定IP1でサーバーを運用しない場合のVyatta設定マニュアル
固定IP1でサーバー運用する場合のVyatta設定マニュアル
固定IP8~IP128のVyatta設定マニュアル

Vyatta v6.3のダウンロード先
http://www.vyatta.com/downloads/vc6.3/vyatta-livecd_VC6.3-2011.07.21_i386.iso
http://www.vyatta.com/downloads/vc6.3/vyatta-livecd-virt_VC6.3-2011.07.21_i386.iso
http://www.vyatta.com/downloads/vc6.3/vyatta-livecd_VC6.3-2011.07.21_amd64.iso
http://www.vyatta.com/downloads/vc6.3/vyatta-livecd-virt_VC6.3-2011.07.21_amd64.iso

説明内容は、それぞれ以下のネットワーク構成を前提としています。

   
  IP2の場合
 
固定IPアドレス A.B.C.0
A.B.C.1
LAN側の環境 公開サーバーA(eth1):192.168.1.100
公開サーバーB(eth1):192.168.1.101
利用ルーター Vyatta(ソフトウェアルーター)
   
 
   
  IP4の場合
 
固定IPアドレス A.B.C.0
A.B.C.1
A.B.C.2
A.B.C.3
LAN側の環境 公開サーバーA(eth1):192.168.1.100
公開サーバーB(eth1):192.168.1.101
公開サーバーC(eth1):192.168.1.102
公開サーバーD(eth1):192.168.1.103
利用ルーター Vyatta(ソフトウェアルーター)
   
 
   
 
最初にお読みください
 
・VyattaにはモードがOperation Mode(一般モード)とConfiguration Mode(設定モード)の2種類があります。
Operation ModeからConfiguration Modeへ移行するには「configure」と入力します。Configuration ModeからOperation Modeへ戻るには「exit」と入力してください。

・設定を間違えた場合は、「set」を「delete」と入力して設定を削除し、再設定してください。例:delete interfaces ethernet eth0 pppoe 0

・設定の編集途中で失敗した際は、「discard」と入力して設定をキャンセルしてください。

・設定をした後は必ず、「commit」→「save」と入力して設定ファイルを保存してください。この順序で保存しないと設定が反映されません。
   
 

1.NICの設定

   
  ネットワークカードの設定を行います。
  ※各種設定はConfiguration Modeから行い、「commit」→「save」として設定ファイルを保存してください。
   
 

#eth1設定(ルーターのゲートウェイのIPアドレスを192.168.1.1)
set interfaces ethernet eth1 address 192.168.1.1/24

   
  2.PPPoE接続とDNSの設定
   
 

#PPPOE作成
set interfaces ethernet eth0 pppoe 0
set interfaces ethernet eth0 pppoe 0 user-id XX012345@XX.il24.net(接続用ユーザー名)
set interfaces ethernet eth0 pppoe 0 password XXXXXXXX(パスワード)
set interfaces ethernet eth0 pppoe 0 default-route auto
set interfaces ethernet eth0 pppoe 0 name-server auto

   
 

3.固定IPアドレスの割り当て(双方向NAT)

   
  IP2の場合
 

# A.B.C.0と192.168.1.100をNAT設定
set service nat rule 1
edit service nat rule 1
set inbound-interface pppoe0
set destination address A.B.C.0/32 ←固定IPアドレス
set inside-address address 192.168.1.100/32
set type destination

set service nat rule 2
edit service nat rule 2
set outbound-interface pppoe0
set source address 192.168.1.100/32
set outside-address address A.B.C.0/32 ←固定IPアドレス
set type source

# A.B.C.1と192.168.1.101をNAT設定
set service nat rule 3
edit service nat rule 3
set inbound-interface pppoe0
set destination address A.B.C.1/32 ←固定IPアドレス
set inside-address address 192.168.1.101/32
set type destination

set service nat rule 4
edit service nat rule 4
set outbound-interface pppoe0
set source address 192.168.1.101/32
set outside-address address A.B.C.1/32 ←固定IPアドレス
set type source

   
  IP4の場合
 

# A.B.C.0と192.168.1.100をNAT設定
set service nat rule 1
edit service nat rule 1
set inbound-interface pppoe0
set destination address A.B.C.0/32 ←固定IPアドレス
set inside-address address 192.168.1.100/32
set type destination

set service nat rule 2
edit service nat rule 2
set outbound-interface pppoe0
set source address 192.168.1.100/32
set outside-address address A.B.C.0/32 ←固定IPアドレス
set type source

# A.B.C.1と192.168.1.101をNAT設定
set service nat rule 3
edit service nat rule 3
set inbound-interface pppoe0
set destination address A.B.C.1/32 ←固定IPアドレス
set inside-address address 192.168.1.101/32
set type destination

set service nat rule 4
edit service nat rule 4
set outbound-interface pppoe0
set source address 192.168.1.101/32
set outside-address address A.B.C.1/32 ←固定IPアドレス
set type source

#A.B.C.2と192.168.1.102をNAT設定
set service nat rule 5
edit service nat rule 5
set inbound-interface pppoe0
set destination address A.B.C.2/32 ←固定IPアドレス
set inside-address address 192.168.1.102/32
set type destination

set service nat rule 6
edit service nat rule 6
set outbound-interface pppoe0
set source address 192.168.1.102/32
set outside-address address A.B.C.2/32 ←固定IPアドレス
set type source

#A.B.C.3と192.168.1.103をNAT設定
set service nat rule 7
edit service nat rule 7
set inbound-interface pppoe0
set destination address A.B.C.3/32 ←固定IPアドレス
set inside-address address 192.168.1.103/32
set type destination

set service nat rule 8
edit service nat rule 8
set outbound-interface pppoe0
set source address 192.168.1.103/32
set outside-address address A.B.C.3/32 ←固定IPアドレス
set type source

   
  それぞれ「commit」→「save」での設定保存が必要です。
間違いがないか「show service」で確認してください。
   
  これで設定は完了です。
   
  4.設定の確認
   
 

#NICの情報を参照
show interfaces

#NATやDHCPなどの設定を参照
show service

#システム情報を参照
sohw system

   
  なお、設定ファイルは/opt/vyatta/etc/config内に保存されていますので、併せて確認してください。
   
 

#設定ファイルを参照
less /opt/vyatta/etc/config/config.boot

   
 
   
  IPマスカレードの設定
   
 

※LAN環境内にWindows・Macパソコンを設置し、インターネット接続するにはIPマスカレードの設定が必要です。

   
 

#IPマスカレードを設定
set service nat rule 100 outbound-interface pppoe0
set service nat rule 100 type masquerade

   
  DHCP設定を行うと、IPアドレスを自動的に割り当てできます。
  設定後、Windows・Macのネットワーク設定のIPアドレス取得を「自動割り当て」にしてください。
  ※本設定は任意です。手動でも割り当てできます。
   
 

#192.168.1.0/24のうち192.168.1.5 から 192.168.1.99を自動割り当て
set service dhcp-server shared-network-name DHCP-POOL subnet 192.168.1.0/24 start 192.168.1.5 stop 192.168.1.99
set service dhcp-server shared-network-name DHCP-POOL subnet 192.168.1.0/24 default-router 192.168.1.1
set service dhcp-server shared-network-name DHCP-POOL subnet 192.168.1.0/24 dns-server 203.141.128.34
set service dhcp-server shared-network-name DHCP-POOL subnet 192.168.1.0/24 dns-server 203.141.128.33

   
  最後にOperation Modeで再起動して完了です。
   
 

#再起動
reboot

   

 

この回答は役に立ちましたか?評価をお願いします。

関連するFAQ

メンバーIDまたはメールアドレス:
パスワード: