よくあるお問い合わせ

質問
「INTERLINK VPNコネクトマネージャーWindows版」の使い方
お問い合わせ分類
設定・マニュアル・トラブル
対象のサービス
マイIP(PPTP版)
マイIP(PPTP/L2TP版)
セカイVPN

答え



Mac版はこちらをご覧ください。

対応OS・注意事項
※対応OSはWindows10、Windows8、Windows7、WindowsVistaとなります。
※本ソフトはマイIP・VPNゲートウェイ(ベータ版)・セカイVPNご契約の方のみ利用いただけます。

Step1.クライアントソフトのインストールと起動
Step2.クライアントソフトでの接続と切断
Step3.クライアントソフトの終了
Step4.オプション設定について

>>VPN接続時のトラブルシューティングはこちら


Step1.クライアントソフトのインストールと起動

1.下記よりソフトをダウンロードします。



※L2TPに対応したマイIP(PPTP/L2TP版)は以下のVersion 2.3.0 をご利用ください。


2.ダウンロードしたファイルを解凍し、フォルダを開きます。

3.「InterlinkVPN.exe」をダブルクリックして起動します。



下記のようなエラーメッセージが表示されましたら、ランタイムライブラリにある「vcredist_x86.exe」をダブルクリックしてインストールしてください。


Step2.クライアントソフトでの接続と切断

1.サービスを選択します。


2.プロトコルを選択します。


3.接続先サーバーを選択します。


4.ユーザー名とパスワードを入力します。


VPN接続情報が分からない場合はこちらをご覧ください。

5.「接続する」ボタンをクリックします。

以下の画面が表示された場合は、サービスが正しく選択できているか、ユーザー名が正しく入力できているかご確認ください。

6.接続完了後、下記サイトにアクセスし、IPアドレスをご確認ください。

>>IPチェックサイト(http://aaww.jp/ipcheck)

マイIPは割り当てられた固定IPアドレス、セカイVPN・VPNゲートウェイは接続先のVPNサーバーのIPアドレスとなります。

セカイVPNでのOpenVPN接続方法はこちらをご覧ください。


Step3.クライアントソフトの終了

タスクトレイに常駐するタイプの為、「×」を押しても終了にはなりません。 タスクトレイにあるアイコンを右クリックして、終了してください。






Step4.オプション設定について

下記のオプションが利用できます。

切断時、自動的に再接続する VPN接続が切断されてしまった場合、自動的に再接続する機能です。
パソコン起動時に自動的に起動する パソコン起動時に、本ソフトを自動的に起動する機能です。
ツール起動時に、自動的にVPN接続する 本ソフト起動時に、自動的にVPN接続する機能です。



 

この回答は役に立ちましたか?評価をお願いします。

メンバーIDまたはメールアドレス:
パスワード: