よくあるお問い合わせ

質問
PukiWikiのインストール手順 ■マイサーバー■
お問い合わせ分類
設定・マニュアル・トラブル
対象のサービス
マイサーバー

答え

【注意事項】

・本手順は、pukiwiki 1.4.7のインストール手順です。バージョンにより内容が異なる場合があります。
・本手順の公開用URLとアップロード場所は以下の通りとします。デフォルトではpublic_htmlディレクトリ内にpukiwikiディレクトリは存在しません。お客様環境に合わせてディレクトリを作成してください。

 公開用URL  http://www.お客様のドメイン名/pukiwiki/
 アップロード場所  /public_html/pukiwiki/

・ファイルをFTPでアップロードするために、FTPアカウントとFTPパスワードが必要です。
・弊社では、PukiWikiに関するサポートは行っておりません。
・PukiWikiのご利用方法は、公式サイト(http://pukiwiki.sourceforge.jp/)をご参照ください。

◆PukiWikiのダウンロード

1.http://pukiwiki.sourceforge.jp/から「ダウンロード」をクリックします。

 

 

2.「PukiWiki/Download/1.4.7」をクリックします。 

 

3.UTF-8版のファイルをクリックします。 

 

◆PukiWikiのインストール

1.FTPでファイルを配置する前に、PukiWikiの設定ファイル「pukiwiki.ini.php」を環境に合わせて書き換えます。

 ・$page_title(サイトのタイトル名)を任意のものに変更する。

   $page_title = 'サイトのタイトル';

 ・$modifier(管理者の名前)を任意のものに変更する。    

   $modifier = '管理者の名前';

 ・$modifierlink(管理者のWebサイトへのリンク)を任意のものに変更する。
  (例:http://www.お客様のドメイン名/pukiwiki/)

   $modifierlink = 'ユーザーのサイトのURL';
                       
 ・管理者パスワードはMD5で設定します
  ※md5の生成ができない環境の場合、ここはパスワードを設定せず、後でMD5を生成し変更します。

   $adminpass = '{x-php-md5}md5パスワード';

2.ダウンロードしたものを解凍します。
  FTPソフトでサーバーに接続し、pukiwiki-1.4.7_notb_utf8フォルダ内にあるpukiwiki-1.4.7_notb_utf8フォルダの中のファイルを「/public_html/pukiwiki/」ディレクトリに配置し完了です。

 

3.管理者パスワードの変更(MD5の生成)
  ※インストール時にMD5のパスワードを設定している場合は以降の作業は必要ありません。

公開用URLの最後に「?cmd=md5」を付けてブラウザでページを開きます。
(例:http://www.ドメイン名/pukiwiki/?cmd=md5)

md5を生成したい文字列を入力し、「PHP md5」を選択します。

 

暗号化されたパスワードを生成します。
ここでは、passwordを5f4dcc3b5aa765d61d8327deb882cf99に暗号化しています。

 

以下のように「pukiwiki.ini.php」に設定します。
(「password」を暗号化した場合の例)

// Default: always fail
$adminpass = ' {x-php-md5}5f4dcc3b5aa765d61d8327deb882cf99';

編集後「pukiwiki.ini.php」をサーバーにアップロードします。

以上でPukiWikiのインストールは終了です。

 

この回答は役に立ちましたか?評価をお願いします。

メンバーIDまたはメールアドレス:
パスワード: