よくあるお問い合わせ

質問
WDRP (Whois Data Reminder Policy)とは
お問い合わせ分類
各種手続き・サービス内容
対象のサービス
ドメイン取得(ゴンベエドメイン)

答え

WDRP (Whois Data Reminder Policy)とは、ICANNがドメインレジストラ事業者に対し、
Whois情報(※1)の正確性を保つことを目的に、gTldを対象に年1回、Whois情報に誤りがないか
確認を行い、 必要があれば Whois情報の修正を促し、Whois情報が正確でない場合は、
ドメイン名登録を取り消す理由になり得る旨の通知を行うことを義務化した制度です。

ゴンベエドメインでは、ドメインレジストラ事業者としてICANNポリシーに則り、WDRP通知を
Whois情報のRegistrantメール宛にお送りしております。

通知がありましたら、ドメイン情報をご確認いただき、内容に変更や誤りがある場合、
正しい情報に更新をお願いいたします。

ドメイン情報が正確でない場合は、ICANNの指導により、ドメイン名の登録が抹消される場合が
ございます。 特にRegistrantメールが無効の場合は、抹消の対象となりますので速やかに有効な
メールアドレスに変更してください。

(※1)gTLDのWHOIS情報の表示は、2018年5月25日以降、EU一般データ保護規則(GDPR)の施行に
   基づき登録者メールアドレスを含む一部の情報がWHOISに表示されなくなりましたが、
   ドメイン登録情報はドメインマネージャーより確認いただけます。

<メール例文>


 

この回答は役に立ちましたか?評価をお願いします。

関連するFAQ

メンバーIDまたはメールアドレス:
パスワード: