よくあるお問い合わせ

質問
YAMAHA(RT57i/RT58i/NVR500)の設定 ■マイIP■
お問い合わせ分類
設定・マニュアル・トラブル
対象のサービス
マイIP(PPTP版)
マイIP(PPTP/L2TP版)

答え

本設定はルーター本体でVPN(PPTP)接続を行い、ルーターのWAN側に直接マイIPアドレスの固定IPアドレスを付与する方法です。

VPN接続機能を持つルーターで動作確認ができている機種はRT57i・RT58i・NVR500の3つです。

本設定の条件として、インターネットに接続したルーターのWAN側インターフェースにグローバルIPアドレスが付与されている必要があります。ご注意ください。

1.お使いのプロバイダーとの接続が確立している事を確認し、「詳細設定と情報」のボタンをクリックします。


2.VPN接続設定の「設定」ボタンをクリックします。


4.「PPTPを使用したネットワーク型 LAN間接続VPN」を選択し、「次へ」のボタンをクリックします。


5.VPN接続設定を行ないます。各項目に下記の通り記入します。

設定名 任意で入力します ※図はMyIPと入力しております
PPPTPサーバ/クライアント PPTPクライアント」を選択します。
ユーザID 発行されたユーザーIDを入力します。
接続パスワード 発行されたパスワードを入力します。
接続先のホスト名またはIPアドレス 発行されたVPNサーバーを入力します。
キープアライブ機能 使用する」にチェックします。
ネットワークアドレス(注意) 発行された固定IPアドレスの最後の数字を0にしたものを入力します。

(例)IPアドレスが111.222.333.444の場合は、111.222.333.0と入力します。
ネットマスク 255.255.255.0(24ビット)」を選択します。
切断タイマ タイマで自動切断しないを選択します。



入力しましたら、「設定の確認」ボタンをクリックします。

6.VPN接続設定の登録完了画面が表示されますので、「トップへ戻る」ボタンをクリックします。


7.トップページの「LAN間接続」が通信中になることを確認します。
(接続には多少時間がかかりますので、「通信中」と表示されない場合は、しばらく待ってから「LAN間接続」の「接続」ボタンを押してください。)


8.接続が完了しましたら、ルーティングの設定を行います。トップページから「詳細設定と情報」ボタンをクリック


9.「コマンド実行」の「実行」ボタンをクリックします。


10.表示された画面に下記コマンドを入力します。接続先のVPNサーバーアドレスを間違えないようご注意ください。

dns server 203.141.128.35 203.141.128.33
nat descriptor type 2000 masquerade
pp select 2
ip pp nat descriptor 2000
tunnel select 1
ip tunnel nat descriptor 2000
ip route 接続先のVPNサーバーアドレス/32 gateway pp 1
ip route default gateway tunnel 1 metric 1



ご注意
「pp 1」「pp 2」はルーターに設定されているインターフェースに割り振られている番号です。本設定はプロバイダ接続が「pp 1」、マイIP接続が「pp 2」となっております。 お客様側の設定に応じて変更してください。



モバイルデータ端末とルーターを接続する場合(プロバイダ接続がWANになっている場合)

下記のようにプロバイダ接続が「WAN」インターフェースになっている場合、下から2行目のコマンド(dhcp wan1)を変更する必要があります。
なお、ルーターとモバイル端末との接続方法などはこちらをご覧ください。



以下をコピーペーストしてお使いください。

dns server 203.141.128.35 203.141.128.33
nat descriptor type 2000 masquerade
pp select 1
ip pp nat descriptor 2000
tunnel select 1
ip tunnel nat descriptor 2000
ip route 接続先のVPNサーバーアドレス/32 gateway dhcp wan1
ip route default gateway tunnel 1 metric 1




11.「設定の確認」ボタンをクリックし、エラーが出ないか確認します。赤字のエラーが出た場合は、コマンドの文字列・IPアドレスなどを確認してください。

12.設定を反映するために「LAN間接続」を切断し再度接続します。


13.接続が完了したら、トップページから「詳細設定と情報」ボタンをクリックし「コマンド実行」ボタンをクリックします。
show ip route と入力し「設定の確定」ボタンをクリックします。


14.コマンド実行後、結果が表示されますので、defaultのインターフェースが「TUNNEL[1]」になっているのを確認します。


15.以上で設定は完了です。
接続の確認方法として、http://aaww.jp/ipcheckにアクセスして発行された固定IPアドレスが表示されるか確認してください。


ルーター内にサーバーを構築した際のルーティング設定

※サーバーの構築方法につきましては、サポート外となりますので予めご了承ください。

1.接続が完了したら、トップページから「詳細設定と情報」ボタンをクリックし「コマンド実行」ボタンをクリックします。

2.コマンド実行画面で以下のようにコマンドを入力し「設定の確定ボタン」をクリックしてください。

以下をコピーペーストしてお使いください。サーバーのプライベートIPアドレスを192.168.100.3とした場合です。お客様の環境に合わせて書き換えてください。

nat descriptor masquerade incoming 2000 forward 192.168.100.3


3.以下のように実行結果が表示されます。外部ネットワークからサーバーにアクセスし問題無く稼動するか確認してください。

 

この回答は役に立ちましたか?評価をお願いします。

メンバーIDまたはメールアドレス:
パスワード: