よくあるお問い合わせ

質問
WordPressのインストール手順 ■マイサーバー■
お問い合わせ分類
設定・マニュアル・トラブル
対象のサービス
マイサーバー

答え

本マニュアルの公開用URLとアップロード場所は以下の通りとします。

公開用URL http://www.独自ドメイン名/wordpress/
アップロード場所 /public_html/wordpress/

※本マニュアルではwordpressフォルダを作成し、そこにインストールしておりますが、/public_htmlにインストールする事で、http://www.独自ドメイン名/で公開できます。

データベースの作成

インターリンクマイメニューのコントロールパネルより、「データベース」の追加登録を行います。

詳しい追加方法はこちらをご覧ください。

なお、お申し込み時にデータベースが1つ標準で追加されております。それを使っても構いません。

インストール

1.WordPress 日本語ローカルサイトにアクセスし、設定ファイルをダウンロードします。



2.ダウンロードしたファイルを解凍します。



3.FTPソフトで接続し、解凍したファイルを/public_html/wordpressに全て転送します。



4.ブラウザで「http://www.お客様のドメイン名/wordpress/」にアクセスすると、下記の画面が表示されます。「設定ファイルを作成する」をクリックします。



5.下記の画面が表示されますので、「さあ、始めましょう!」をクリックします。


6.下記の通り、「データベース名」「ユーザー名」「パスワード」「ホスト名」を入力します。

またデータベース内に作成する各テーブル名の接頭語を指定します。
1つのデータベースを使って複数のWordPressなどを使用する場合は異なる接頭語を指定する必要があります。

データベース名 rsから始まるデータベース名 例)rs123456_001
ユーザー名 rsから始まるデータベースユーザー名 例)rs123456_001
パスワード データベース用のパスワード
データベースのホスト名 データベースサーバー名 例)mydb01
テーブル接頭語 デフォルトのまま(任意)



7.下記の画面が表示されますので、「インストール実行」をクリックします。



8.下記の画面になりましたら、サイトタイトルや管理用のユーザー名・パスワードなどを入力して「WordPressをインストール」をクリックします。



9.インストール完了画面になりましたら、WordPressをインストールしたディレクトリに「.htaccess」が作成されますので、右クリック→属性変更として属性(パーミッション)を「604」に変更してください。



10.下記画面になりましたら、「ログイン」をクリックします。



11.ログイン画面になりますので、先ほど入力したユーザー名とパスワードでログインします。



12.ダッシュボード画面が開きます。




セキュリティ対策

13.最後にセキュリティ対策として、「 ./wp-config.php 」と「 ./wp-admin/install.php 」の属性(パーミッション)を変更してください。

./wp-config.php → 400
./wp-admin/install.php → 000

下記はFFFTPの設定です。対象ファイルを右クリック→属性変更をクリックし、下記のように属性を変更してください。


以上で完了となります。http://独自ドメイン名/wordpress/でサイトが表示されるか確認してください。

WordPress用のテーマやプラグインの利用についてご注意ください
WordPress用のテーマやプラグインの脆弱性によりサイトが改ざんされる等の被害が報告されております。下記の点にご注意ください。

・WordPressの公式ディレクトリで配布されているテーマやプラグインをご利用ください。
・使用していないテーマやプラグインは無効ではなく「削除」してください。
・テーマやプラグインの提供元が長期間更新されない場合は、脆弱性の危険が高いです。頻繁に更新されているテーマやプラグインをご利用ください。

 

この回答は役に立ちましたか?評価をお願いします。

メンバーIDまたはメールアドレス:
パスワード: