よくあるお問い合わせ

質問
ZOOT NEXT(IPv4 PPPoE)とZOOT NATIVE(IPv6 IPoE)を併用することはできますか?
お問い合わせ分類
サービス内容・仕様
対象のサービス
ZOOT NATIVE(IPoE接続)

答え

お使いの回線タイプがZOOT NEXTとZOOT NATIVEに対応していれば、併用できます。
例えば、ファミリー・ギガラインタイプは両方とも対応しているため併用可、
しかし光クロスはZOOT NEXTが未対応のため併用不可などです。
フレッツ回線対応は、ZOOT NEXTはこちら、ZOOT NATIVEはこちらで確認できます。

併用のネットワーク構成は以下となります。

ZOOT NEXTとZOOT NATIVEを併用する場合は、両方の月額料金が発生いたしますのでご注意ください。

固定IPが必要な場合は、ZOOT NATIVE IPv4固定IP1個へのプラン変更もご検討ください。

構成例1)ONUからHUBで分岐する
※ひかり電話利用の場合、HUBはHGWの配下に接続してください


構成例2-1)IPv4 PPPoEで接続しているルーターの配下に設置する(ONU単体)


構成例2-2)IPv4 PPPoEで接続しているルーターの配下に設置する(ONU一体型HGW)


ホームゲートウェイと呼ばれるONU一体型ひかり電話ルーター(PR-500KI/PR-400NE/PR-S300NE等)をご利用で、UNIポートからHUBを繋ぎ、ONUとルーターを分離させている場合は、配線を元に戻してご利用ください。
詳しくはこちらをご覧ください。

 

この回答は役に立ちましたか?評価をお願いします。

メンバーIDまたはメールアドレス:
パスワード: