よくあるお問い合わせ

質問
ZOOT NATIVE に関するよくある質問
お問い合わせ分類
料金・お支払方法
各種手続き・サービス内容
設定・マニュアル・トラブル
対象のサービス
ZOOT NATIVE

答え

申し込みに関する質問
ZOOT NATIVE とは?
NTT東日本・西日本の「フレッツ光」対応のサービスです。
速度を重視する方にお勧めの新規格のインターネットです。安定した通信速度が期待できます。
これまでの「フレッツ接続 ZOOT NEXT」とは接続方式やバックボーンが全く異なります。

通信速度でお困りの方は、「ZOOT NATIVE」への乗り替えをお勧めします。
最大2ヶ月の無料期間をご用意しておりますのでどうぞお試しください。

◯メリット
・速度が速く安定している(100~700Mbps:2017年3月に当社にて計測)
・お申し込みから30分程度で開通
・ルーターの設定がとても簡単

◯デメリット
・料金が「ZOOT NEXT」より高い(月額2160円税込)
DS-Lite対応ルーターが必要
・IPアドレスが固定ではないため、サーバー用回線には不向き
・オンラインゲームのごく一部が非対応
・PPTPのVPN接続ができない。L2TPは可能
・その他、ポート固定のアプリは使えない

お申し込み時に必要な「お客さまID(CAF/COP番号)」及び「アクセスキー」とは何ですか?
お申し込みには、フレッツ 光ネクストまたはフレッツ 光ライトを開通した時にNTTより発行される
「お客さまID(CAF/COP番号)」及び「アクセスキー」が必要です。以下の書面にてご確認ください。

NTT東日本 https://flets.com/key/
NTT西日本 http://f-security.jp/v6/support/faq/200225.html
準備する機器はありますか?
ZOOT NATIVEをご利用の際は、DS-Liteに対応した通信機器が必要です。

対応ルーターはこちらをご覧ください
ZOOT NEXTを契約中ですが、ZOOT NATIVEのお試し利用ができますか?
はい、できます。
ZOOT NATIVEに満足された場合、ZOOT NEXTのご契約は退会してください。
ZOOT NEXT と ZOOT NATIVE の併用利用については、こちらでご確認ください。

手続きに関する質問
お申し込み後、利用開始までどのくらいかかりますか。
IPv6開通手続きが終わると、弊社より「登録完了メール」が申込時に登録したメールアドレスに送られます。
メールが届いたら利用開始となります。
30分程度で開通します。
ZOOT NATIVEを利用中に、フレッツ回線タイプを200Mから1Gへ変更できますか。
はい、できます。
NTT工事担当者には、フレッツ・v6オプションの契約は継続する旨伝えてください。
弊社には、届出は不要です。
サービス内容に関する質問
IPv6は、固定IPアドレスですか?
いいえ、ちがいます。
NTT東日本又はNTT西日本による工事、またはご利用上における停止に際し、IPv6アドレスは変更となります。
IPv4は、固定IPアドレスですか?
いいえ、ちがいます。
IPv4の通信はNATを利用して行われます。
ご利用のパソコン端末にはプライベートIPアドレスが割り当たります。
IPv4 over IPv6(DS-Lite)によってIPv6ネットワークを経由し、NATによって
グローバルアドレスへ変換された上で通信は行われます。
DS-Liteとは何ですか?
DS-Lite(Dual-Stack Lite)は、RFC6333で規定された通信規格で、本機能を利用することにより、
IPv6のみの通信環境においてIPv4 over IPv6技術を利用し、IPv4での通信も可能となります。
DS-Lite対応の通信機器をご用意いただければ、一台の機器でIPv6/IPv4双方の通信が可能となります。
こ利用できるプロトコルやアプリケーションに制限はありますか?
ZOOT NATIVEによるIPv4接続をご利用の場合、NATを利用して通信を行います。
NATを利用した環境では、一部のソフトウェアやVPN接続などのサービスが正常にご利用いただけない可能性がございます。
サポート・技術的な質問
通信速度について
通信速度はIPv6ネットワークの通信速度に準じますので、ご利用回線によっては、IPv4 PPPoE接続での 通信速度よりもより高速な通信をご利用いただけます。
ただしZOOT NATIVEは、ベストエフォート型サービスのため、通信速度を保証するものではありません。
インターネットご利用時の速度は、お客様のご利用環境や回線の混雑状況によって大幅に低下する
こともあります。
速度制限について教えてください。
原則制限はありませんが、ネットワーク設備及びご提供サービスに支障を及ぼす場合は制限致します。
ZOOT NEXT と ZOOT NATIVEの同時接続はできますか?
はい、できます。
ZOOT NEXT と ZOOT NATIVE の同時接続は、こちらでご確認ください。
「IPv6 PPPoE接続サービス」と「IPv6 IPoE接続サービス」の違いは何ですか?
両方ともIPv6接続サービスですが、接続方式が違います。

前者は、ZOOT/ZOOT NEXTの「IPv6接続サービス(無料)」としてご提供しており
接続ユーザ名とパスワードにより接続認証することでご利用開始いただけます。
接続経路は「ZOOT/ZOOT NEXT」と同じです。

後者は、接続ユーザ名とパスワードが不要な代わりに、フレッツ回線の
「お客さまID(CAF/COP番号)」及び「アクセスキー」をご提示いただき、
NTT東西の フレッツ・v6オプション に登録工事後、ご利用開始となります。
接続経路は「ZOOT/ZOOT NEXT」と別のバックボーンを経由します。
「ZOOT NATIVEサービス」としてご提供していますので、DS-Lite対応ルーターを
ご利用いただければIPv4での通信も可能となります。

>IPv6 PPPoE接続 とIPv6 IPoE接続の比較表は、こちら でご確認ください。

>IPv6 PPPoE接続サービスとお申込み方法は、こちら でご確認ください。
>IPv6 IPoE接続サービス対応「ZOOT NATIVEサービス」のご案内は、こちら でご確認ください。

 

この回答は役に立ちましたか?評価をお願いします。

メンバーIDまたはメールアドレス:
パスワード: